カナダに行くぞ!カナダ留学申請をカナダ大使館で行う!エアカナダで行く!カナダワーキングホリデーカナダ

カナダに行くぞ!カナダ留学申請をカナダ大使館で行う!エアカナダで行く!カナダワーキングホリデーカナダ
カナダの魅力やカナダ留学・旅行に必要な情報やカナダ大使館での申請続きなどカナダ旅行の情報をご紹介します。

■広告■


■広告■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

■広告■

議事堂について:カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバ...

カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、もちろん見所もたくさんある。
まずはスタンレーパークに行ってみて下さい。
海岸線に沿って遊歩道があり、水族館や動物園など、様々な見所がある。
トーテムポールがあったり、馬車ツアーもある。
ゆっくり公園で散歩もいいでしょう。
公園を歩いて一周するには広いので、右に突き出た部分を歩けば十分です。
日差しが強いときが多いのでサングラスをもって行くと良いかもしれません。


カナダ旅行に行く多くの人達にとって、ビクトリアはとても人気のスポットです。
観光名所は全て歩いて回れます。
バスを使うのはブッチャート・ガーデンくらいです。
小さい町ですが、出来ることならのんびり過ごせるよう長く滞在することをお薦めします。
街の中はショッピングを楽しむことが出来ます。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはグランビル・アイランドです。
それほど大きなところではありませんが、様々なお店や食堂などがあり1日いても決してあきることはありません。
バンクーバーに来たらお土産探しのついでに、一度は行ってほしいところです。


ビクトリアには様々な観光名所がありますが、BC州議事堂もそのうちの一つです。
BC州議事堂の中は見学をすることが出来ます。
とても美しいのでオススメです。
昼は威厳のある建物ですが、夜には電球が灯り、ファンタジーの世界を醸し出す建物に変わります。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          



スポンサーサイト


カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

飛行機を考える:カナダ旅行に人気の地域を一つずつ語紹介し...

カナダ旅行に人気の地域を一つずつ語紹介していこうと思います。
カナダは世界第2位の国土を持つ国ですので、一度にいろんな地域を回るのは得策ではありません。
1つの地域に絞って、そこの地域にどっぷりと漬かって、カナダ旅行を満喫する方法がカナダ旅行を成功させる秘訣です。


キャピラノ・ブリッジはつり橋を渡るアトラクションです。
高いところにあり、橋も長く、迫力があるよ。
しかもかなり揺れます。
橋を渡った先に短いトレイルがあり、高い木に囲まれた自然を楽しめます。
グラスマウンテンに行ってから立ち寄るといいでしょう。


カナダ旅行にまっさきに思いつくのはバンクーバーではないでしょうか?日本からバンクーバー空港まで直行便が出ています。
飛行時間は約8時間です。
日本からカナダに入国する際、入管審査がありますが1時間ほど並ばされることも多いです。
バンクーバーは世界でも住みやすい都市としていつも上位にランクインする場所です。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはビクトリアです。
ビクトリアはバンクーバーからバス&フェリーで行くか、飛行機で行くかになります。
飛行機で行くとおよそ25分で到着します。
バス&フェリーで行くとおよそ3時間30分ほどかかります。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

バンクーバーについて:ガスタウンはそれほど広い場所ではありませ...

ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」があるとおもいます。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。


バンフへはカルガリー空港からバスで向かいます。
日本からカルガリー空港までの直行便はありません。
一度バンクーバーあたりで経由し、カルガリー空港には、カナダの国内線で向かいます。
カルガリー空港からはバスで向かいます。
1時間おきに行くバスもあるようです。
すぐにデスクを見つけられるのはブリュースターです。
自分のスケジュールに合う会社や値段を見比べましょう。
大体はホテルまで連れて行ってくれます。


カナダプレイスでショッピングを楽しむのは、歩いてすぐのガスタウンやチャイナタウンを利用できてしまいます。
ただここでは、ノースバンクーバーの景色を楽しむほうがいいでしょう。
運が良いと世界を旅する船の寄港地なので巨大な船を見ることが出来ます。
7月1日のカナダデイ(建国記念日)やクリスマスにイベントがあるとおもいます。


カナダ旅行で人気のバンフですが、見所はたくさんあるとおもいます。
まずはサルファー・マウンテンです。
街中から唯一、観光バスに参加しなくても自力でいける観光名所となります。
ゴンドラに乗ってサルファー・マウンテンの頂上へ行くことができ、バンフを取り囲むロッキー山脈を見ることができてしまいます。
バンフがどれほど小さい町であるか実感します。


カナダプレイスにあるアイマックスシアターは結構おすすめです。
5階建てぐらいの大きな画面に映し出される世界は素晴らしいのひと言です。
テーマに興味があれば見に行くべきでしょう。
テーマとしては大自然を扱ったものが多いです。
人も少ないのでのんびりするのも良いでしょう。
英語は分からなくても映像だけでかなり楽しめます。
バンクーバーにあるチャイナタウンは世界2位の規模をもっています。
中華料理店はかなりの種類があるとおもいます。
ただ注意してほしいのは、日没後1人で行かないことです。
チャイナタウンは、治安が良いとされているバンクーバーのなかでも治安が悪いことで有名です。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

カナダ情報:カナダ旅行では大自然を楽しむこともできま...

カナダ旅行では大自然を楽しむこともできるよ。
カナダ旅行で大自然を楽しむとしたらオススメは、バンフでしょう。
バンフは、世界遺産になっているカナディアン・ロッキー山脈国立公園内にある小さな町です。
氷河が溶け出して作られた美しい色の湖や、つらなる山脈の偉大な姿、その中で生きている動植物など様々な大自然を堪能することができるよ。


ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」があるよ。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。


バンフへはカルガリー空港からバスで向かいます。
日本からカルガリー空港までの直行便はありません。
一度バンクーバーあたりで経由し、カルガリー空港には、カナダの国内線で向かいます。
カルガリー空港からはバスで向かいます。
1時間おきに行くバスもあるようです。
すぐにデスクを見つけられるのはブリュースターです。
自分のスケジュールに合う会社や値段を見比べましょう。
大体はホテルまで連れて行ってくれます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

マウンテンとは:カナダ旅行で人気のバンフですが、見所はた...

カナダ旅行で人気のバンフですが、見所はたくさんある。
まずはサルファー・マウンテンです。
街中から唯一、観光バスに参加しなくても自力でいける観光名所となります。
ゴンドラに乗ってサルファー・マウンテンの頂上へ行くことができ、バンフを取り囲むロッキー山脈を見ることができる。
バンフがどれほど小さい町であるか実感します。


カナダプレイスにあるアイマックスシアターは結構おすすめです。
5階建てぐらいの大きな画面に映し出される世界は素晴らしいのひと言です。
テーマに興味があれば見に行くべきでしょう。
テーマとしては大自然を扱ったものが多いです。
人も少ないのでのんびりするのも良いでしょう。
英語は分からなくても映像だけでかなり楽しめます。
バンクーバーにあるチャイナタウンは世界2位の規模をもっています。
中華料理店はかなりの種類がある。
ただ注意してほしいのは、日没後1人で行かないことです。
チャイナタウンは、治安が良いとされているバンクーバーのなかでも治安が悪いことで有名です。


バンフでは様々なアウトドアのアトラクションが用意されています。
乗馬やカヌー、ラフティング、釣りやサイクリングツアー&レンタルなどがある。
ただバンフでアトラクションを楽しみたいのなら乗馬がオススメです。
1時間?3時間コースがあり、2時間が一番のお薦めです。
サルファー・マウンテンの中を回って帰ってくるコースです。


ノースバンクーバーにはいくつかの観光名所がありますが、その中で天気が良いときに行ってほしいところがある。
それは、グラウスマウンテンです。
上からバンクーバー島の全容が見えます。
スカイライドというロープウェイに乗って上へ行くことが出来ます。
また頂上にはチェアリフトに乗って頂上へ行けます。
グラウスマウンテンにはレストランもあり、景色を楽しみながら昼食を食べると良いと思います。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

カナダについて:イングリッシュ・ベイにあるデンマン通りに...

イングリッシュ・ベイにあるデンマン通りには、レストランやカフェなど並び、ショッピングもできてしまいます。
夕食をここで過ごすのも雰囲気があっていいと思います。
イングリッシュ・ベイでは時間も何もかも忘れて、のんびりしましょう。
夕日を眺めながら過ごす時間は格別です。


カナダ旅行でオススメのバンフですが、バンフの中はショッピングエリアになっており、日本語が通じると思わせるほど日本語が飛び交っています。
バンフ国立公園の中は、サルファーマウンテン以外は観光ツアーに参加、又はレンタカーが必要となります。
ボー川沿いにはサイクリングや、乗馬、カヌーなどアウトドアのアトラクションがあるとおもいます。


ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」があるとおもいます。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。


バンフへはカルガリー空港からバスで向かいます。
日本からカルガリー空港までの直行便はありません。
一度バンクーバーあたりで経由し、カルガリー空港には、カナダの国内線で向かいます。
カルガリー空港からはバスで向かいます。
1時間おきに行くバスもあるようです。
すぐにデスクを見つけられるのはブリュースターです。
自分のスケジュールに合う会社や値段を見比べましょう。
大体はホテルまで連れて行ってくれます。


カナダプレイスでショッピングを楽しむのは、歩いてすぐのガスタウンやチャイナタウンを利用できてしまいます。
ただここでは、ノースバンクーバーの景色を楽しむほうがいいでしょう。
運が良いと世界を旅する船の寄港地なので巨大な船を見ることが出来ます。
7月1日のカナダデイ(建国記念日)やクリスマスにイベントがあるとおもいます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

ショッピング情報:ガスタウンはそれほど広い場所ではありませ...

ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」があるよ。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。


バンフの中は全て歩けます。
町から離れたホテルの巡回バスがたまに走っています。
バンフから離れた観光名所は、観光バス、車での移動になります。
バンフからレイクルイーズやジャスパーに向かうには、観光バスに乗って行くことになります。
必ずホテル等に時刻表などあるはずですので 確認ください。
また、大きなホテルの前をバスが通ってくれますので、ホテルで移動手段を聞いてください。


カナダプレイスでショッピングを楽しむのは、歩いてすぐのガスタウンやチャイナタウンを利用できるよ。
ただここでは、ノースバンクーバーの景色を楽しむほうがいいでしょう。
運が良いと世界を旅する船の寄港地なので巨大な船を見ることが出来ます。
7月1日のカナダデイ(建国記念日)やクリスマスにイベントがあるよ。


カナダ旅行で人気のバンフですが、見所はたくさんあるよ。
まずはサルファー・マウンテンです。
街中から唯一、観光バスに参加しなくても自力でいける観光名所となります。
ゴンドラに乗ってサルファー・マウンテンの頂上へ行くことができ、バンフを取り囲むロッキー山脈を見ることができるよ。
バンフがどれほど小さい町であるか実感します。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはノースバンクーバーです。
ノースバンクーバーはバンクーバーのウォーターフロント駅から水上バス(わずか12分)で行きます。
水上バスが着いたところには、ショッピングモールがあり、改札口を出てすぐのバスに乗り込んでグラウスマウンテンや、 キャピラノ橋など自然の中を楽しむ公園へ行くことが出来ます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

ビクトリア情報:ビクトリアにあるクレイダーロック城も見所...

ビクトリアにあるクレイダーロック城も見所のひとつです。
部屋数はお城ということもありかなりの数あるよ。
ロバート・ダンスミュアが妻のために建てた石造りの城です。
39部屋数もあり、当時の様子を再現しょうとする努力がされています。
館内はとても美しく、ステンドグラスの美しさには溜息が出ます。
また5階建てで眺望がすばらしいです。
ダウンタウンから、40分と結構歩きますが、途中にアンティークの店が並ぶ通りがあり、散歩気分で楽しみながら行けます。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはイングリッシュ・ベイです。
文字通り夕日が落ちる時間帯が、とてもきれいで素晴らしいところです。
またイングリッシュベイは砂浜があり、散歩に素晴らしく良い場所です。
朝は早朝マラソン族、夕方は犬の散歩族。
見ていて楽しいです。
散歩道が海岸沿いにずっと続き、サイクリングもできるよ。


またビクトリアではホエール・ウォッチングをすることもできるよ。
ゴムボートに乗って40分でシャチの群を見ることもできるよ。
ボートは2種類あって、高速ゴムボートと、普通の高速ボートがあるよ。
コンタクトレンズの人は、かなり風が強いので要注意です。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

ホテルとは:バンフの中は全て歩けます。町から離れたホ...

バンフの中は全て歩けます。
町から離れたホテルの巡回バスがたまに走っています。
バンフから離れた観光名所は、観光バス、車での移動になります。
バンフからレイクルイーズやジャスパーに向かうには、観光バスに乗って行くことになります。
必ずホテル等に時刻表などあるはずですので 確認ください。
また、大きなホテルの前をバスが通ってくれますので、ホテルで移動手段を聞いてください。


カナダプレイスにあるアイマックスシアターは結構おすすめです。
5階建てぐらいの大きな画面に映し出される世界は素晴らしいのひと言です。
テーマに興味があれば見に行くべきでしょう。
テーマとしては大自然を扱ったものが多いです。
人も少ないのでのんびりするのも良いでしょう。
英語は分からなくても映像だけでかなり楽しめます。
バンクーバーにあるチャイナタウンは世界2位の規模をもっています。
中華料理店はかなりの種類がある。
ただ注意してほしいのは、日没後1人で行かないことです。
チャイナタウンは、治安が良いとされているバンクーバーのなかでも治安が悪いことで有名です。


バンフの見所の2つめはアッパー・ホット・スプリングスです。
実はこれは温泉なんです。
ただそこまで熱くはなく、日本でいえば温水プールのようなものです。
サルファー・マウンテンのゴンドラ乗り場近くにある。
水着着用で入ることが出来ます。
入った後はカフェなどのくつろげるスペースがある。
アロママッサージが付いたメニューも人気です。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはノースバンクーバーです。
ノースバンクーバーはバンクーバーのウォーターフロント駅から水上バス(わずか12分)で行きます。
水上バスが着いたところには、ショッピングモールがあり、改札口を出てすぐのバスに乗り込んでグラウスマウンテンや、 キャピラノ橋など自然の中を楽しむ公園へ行くことが出来ます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

バスについて:カナダ旅行にまっさきに思いつくのはバンク...

カナダ旅行にまっさきに思いつくのはバンクーバーではないでしょうか?日本からバンクーバー空港まで直行便が出ています。
飛行時間は約8時間です。
日本からカナダに入国する際、入管審査がありますが1時間ほど並ばされることも多いです。
バンクーバーは世界でも住みやすい都市としていつも上位にランクインする場所です。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはビクトリアです。
ビクトリアはバンクーバーからバス&フェリーで行くか、飛行機で行くかになります。
飛行機で行くとおよそ25分で到着します。
バス&フェリーで行くとおよそ3時間30分ほどかかります。


スタンレーパークはベンチが、随所に設置されているので、疲れたら休みながら回れます。
シーズン中、無料シャトルバスが園内を回っています。
これで、公園を1周できるので、乗ってみるといいでしょう。
自転車やローラーブレードで1周することができてしまいます。
この両者は一方通行ですのでご注意ください。
公園内にはレンタルバイク屋さんはありません。


カナダ旅行に行く多くの人達にとって、ビクトリアはとても人気のスポットです。
観光名所は全て歩いて回れます。
バスを使うのはブッチャート・ガーデンくらいです。
小さい町ですが、出来ることならのんびり過ごせるよう長く滞在することをお薦めします。
街の中はショッピングを楽しむことが出来ます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

アトラクションを考える:カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバ...

カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはノースバンクーバーです。
ノースバンクーバーバンクーバーのウォーターフロント駅から水上バス(わずか12分)で行きます。
水上バスが着いたところには、ショッピングモールがあり、改札口を出てすぐのバスに乗り込んでグラウスマウンテンや、 キャピラノ橋など自然の中を楽しむ公園へ行くことが出来ます。


バンフでは様々なアウトドアのアトラクションが用意されています。
乗馬やカヌー、ラフティング、釣りやサイクリングツアー&レンタルなどがあるとおもいます。
ただバンフでアトラクションを楽しみたいのなら乗馬がオススメです。
1時間?3時間コースがあり、2時間が一番のお薦めです。
サルファー・マウンテンの中を回って帰ってくるコースです。


ノースバンクーバーにはいくつかの観光名所がありますが、その中で天気が良いときに行ってほしいところがあるとおもいます。
それは、グラウスマウンテンです。
上からバンクーバー島の全容が見えます。
スカイライドというロープウェイに乗って上へ行くことが出来ます。
また頂上にはチェアリフトに乗って頂上へ行けます。
グラウスマウンテンにはレストランもあり、景色を楽しみながら昼食を食べると良いと思います。


バンフではショッピングを楽しむことが出来ます。
ウィンドウショッピングは遅くなっても出来ます。
メインストリートは1本しかなく、迷うことはありません。
いろいろなお店があるのでゆっくり見てみるのも良いでしょう。


キャピラノ・ブリッジはつり橋を渡るアトラクションです。
高いところにあり、橋も長く、迫力があるとおもいます。
しかもかなり揺れます。
橋を渡った先に短いトレイルがあり、高い木に囲まれた自然を楽しめます。
グラスマウンテンに行ってから立ち寄るといいでしょう。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバ...

カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはイングリッシュ・ベイです。
文字通り夕日が落ちる時間帯が、とてもきれいで素晴らしいところです。
またイングリッシュベイは砂浜があり、散歩に素晴らしく良い場所です。
朝は早朝マラソン族、夕方は犬の散歩族。
見ていて楽しいです。
散歩道が海岸沿いにずっと続き、サイクリングもできちゃいます。


またビクトリアではホエール・ウォッチングをすることもできちゃいます。
ゴムボートに乗って40分でシャチの群を見ることもできちゃいます。
ボートは2種類あって、高速ゴムボートと、普通の高速ボートがありえます。
コンタクトレンズの人は、かなり風が強いので要注意です。


イングリッシュ・ベイにあるデンマン通りには、レストランやカフェなど並び、ショッピングもできちゃいます。
夕食をここで過ごすのも雰囲気があっていいと思います。
イングリッシュ・ベイでは時間も何もかも忘れて、のんびりしましょう。
夕日を眺めながら過ごす時間は格別です。


カナダ旅行でオススメのバンフですが、バンフの中はショッピングエリアになっており、日本語が通じると思わせるほど日本語が飛び交っています。
バンフ国立公園の中は、サルファーマウンテン以外は観光ツアーに参加、又はレンタカーが必要となります。
ボー川沿いにはサイクリングや、乗馬、カヌーなどアウトドアのアトラクションがありえます。


ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」がありえます。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

カナダ情報:カナダ旅行でオススメのバンフですが、バン...

カナダ旅行でオススメのバンフですが、バンフの中はショッピングエリアになっており、日本語が通じると思わせるほど日本語が飛び交っています。
バンフ国立公園の中は、サルファーマウンテン以外は観光ツアーに参加、又はレンタカーが必要となります。
ボー川沿いにはサイクリングや、乗馬、カヌーなどアウトドアのアトラクションがあるよ。


ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」があるよ。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。


バンフへはカルガリー空港からバスで向かいます。
日本からカルガリー空港までの直行便はありません。
一度バンクーバーあたりで経由し、カルガリー空港には、カナダの国内線で向かいます。
カルガリー空港からはバスで向かいます。
1時間おきに行くバスもあるようです。
すぐにデスクを見つけられるのはブリュースターです。
自分のスケジュールに合う会社や値段を見比べましょう。
大体はホテルまで連れて行ってくれます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

旅行とは:カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバ...

カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、もちろん見所もたくさんある。
まずはスタンレーパークに行ってみて下さい。
海岸線に沿って遊歩道があり、水族館や動物園など、様々な見所がある。
トーテムポールがあったり、馬車ツアーもある。
ゆっくり公園で散歩もいいでしょう。
公園を歩いて一周するには広いので、右に突き出た部分を歩けば十分です。
日差しが強いときが多いのでサングラスをもって行くと良いかもしれません。


カナダ旅行に行く多くの人達にとって、ビクトリアはとても人気のスポットです。
観光名所は全て歩いて回れます。
バスを使うのはブッチャート・ガーデンくらいです。
小さい町ですが、出来ることならのんびり過ごせるよう長く滞在することをお薦めします。
街の中はショッピングを楽しむことが出来ます。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはグランビル・アイランドです。
それほど大きなところではありませんが、様々なお店や食堂などがあり1日いても決してあきることはありません。
バンクーバーに来たらお土産探しのついでに、一度は行ってほしいところです。


ビクトリアには様々な観光名所がありますが、BC州議事堂もそのうちの一つです。
BC州議事堂の中は見学をすることが出来ます。
とても美しいのでオススメです。
昼は威厳のある建物ですが、夜には電球が灯り、ファンタジーの世界を醸し出す建物に変わります。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

バスを考える:カナダ旅行でオススメのバンフですが、バン...

カナダ旅行でオススメのバンフですが、バンフの中はショッピングエリアになっており、日本語が通じると思わせるほど日本語が飛び交っています。
バンフ国立公園の中は、サルファーマウンテン以外は観光ツアーに参加、又はレンタカーが必要となります。
ボー川沿いにはサイクリングや、乗馬、カヌーなどアウトドアのアトラクションがあるとおもいます。


ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」があるとおもいます。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。


バンフの中は全て歩けます。
町から離れたホテルの巡回バスがたまに走っています。
バンフから離れた観光名所は、観光バス、車での移動になります。
バンフからレイクルイーズやジャスパーに向かうには、観光バスに乗って行くことになります。
必ずホテル等に時刻表などあるはずですので 確認ください。
また、大きなホテルの前をバスが通ってくれますので、ホテルで移動手段を聞いてください。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒        





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

徒歩について:カナダ旅行に最適なバンクーバーのお買い物...

カナダ旅行に最適なバンクーバーのお買い物スポットのグランビル・アイランドですが、土日は何かしらイベントが行われているようです。
子供服の店もありますし、料理道具などもある。
ここでカナダの庶民の生活を垣間見ることが出来ると思います。
ちなみにビール工場もある。


ブッチャート・ガーデン内はテーマごとに別れ、花の華麗な様と、その演出に何度も驚かされます。
それ程広く感じることはありませんが、感動しているうちに時間が経っているという感覚になるでしょう。
それほど素晴らしいガーデンです。
ブッチャート・ガーデンに行くバスは本数が少ないので、行きも帰りも時刻表を調べて行った方が良いでしょう。


グランビル・アイランドには、グランビル橋の横にあるアクアバス乗り場からか、またはアクアバスの他の乗り場から行くと楽です。
自転車も乗せることが出来ます。
キツラノ付近なら、徒歩圏内だと思われます。
私は徒歩で行きました。


またビクトリアではホエール・ウォッチングをすることもできる。
ゴムボートに乗って40分でシャチの群を見ることもできる。
ボートは2種類あって、高速ゴムボートと、普通の高速ボートがある。
コンタクトレンズの人は、かなり風が強いので要注意です。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

議事堂を考える:ビクトリアには様々な観光名所がありますが...

ビクトリアには様々な観光名所がありますが、BC州議事堂もそのうちの一つです。
BC州議事堂の中は見学をすることが出来ます。
とても美しいのでオススメです。
昼は威厳のある建物ですが、夜には電球が灯り、ファンタジーの世界を醸し出す建物に変わります。


グランビル・アイランドは楽しくショッピングができる場所です。
食事やショッピングにはとても重宝する場所です。
小さいお店が集まっていて、小物や民芸品など、思わず人より自分へのおみやげ用に買いたくなるものが多いです。
様々なお店が入っています。
レストランや屋台村のような感じの場所もあり、ウィンドウショッピングも楽しいです。


ブッチャート・ガーデン内はテーマごとに別れ、花の華麗な様と、その演出に何度も驚かされます。
それ程広く感じることはありませんが、感動しているうちに時間が経っているという感覚になるでしょう。
それほど素晴らしいガーデンです。
ブッチャート・ガーデンに行くバスは本数が少ないので、行きも帰りも時刻表を調べて行った方が良いでしょう。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

バンフとは:イングリッシュ・ベイにあるデンマン通りに...

イングリッシュ・ベイにあるデンマン通りには、レストランやカフェなど並び、ショッピングもできる。
夕食をここで過ごすのも雰囲気があっていいと思います。
イングリッシュ・ベイでは時間も何もかも忘れて、のんびりしましょう。
夕日を眺めながら過ごす時間は格別です。


カナダ旅行でオススメのバンフですが、バンフの中はショッピングエリアになっており、日本語が通じると思わせるほど日本語が飛び交っています。
バンフ国立公園の中は、サルファーマウンテン以外は観光ツアーに参加、又はレンタカーが必要となります。
ボー川沿いにはサイクリングや、乗馬、カヌーなどアウトドアのアトラクションがある。


ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」がある。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。


バンフへはカルガリー空港からバスで向かいます。
日本からカルガリー空港までの直行便はありません。
一度バンクーバーあたりで経由し、カルガリー空港には、カナダの国内線で向かいます。
カルガリー空港からはバスで向かいます。
1時間おきに行くバスもあるようです。
すぐにデスクを見つけられるのはブリュースターです。
自分のスケジュールに合う会社や値段を見比べましょう。
大体はホテルまで連れて行ってくれます。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはカナダプレイスです。
カナダプレイスには、国際展示場やクルーズ船の船着場がある。
ここでは素晴らしい景色が楽しめます。
建物も帆船のようでとてもきれいです。
大きな豪華客船が停泊している姿が見れる場合もある。
また大きい画面で映像が見れるアイマックス・シアターがある。
結構楽しかったです。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

ガーデン情報:ブッチャート・ガーデン内はテーマごとに別...

ブッチャート・ガーデン内はテーマごとに別れ、花の華麗な様と、その演出に何度も驚かされます。
それ程広く感じることはありませんが、感動しているうちに時間が経っているという感覚になるでしょう。
それほど素晴らしいガーデンです。
ブッチャート・ガーデンに行くバスは本数が少ないので、行きも帰りも時刻表を調べて行った方が良いでしょう。


グランビル・アイランドには、グランビル橋の横にあるアクアバス乗り場からか、またはアクアバスの他の乗り場から行くと楽です。
自転車も乗せることが出来ます。
キツラノ付近なら、徒歩圏内だと思われます。
私は徒歩で行きました。


ビクトリアにあるクレイダーロック城も見所のひとつです。
部屋数はお城ということもありかなりの数あるよ。
ロバート・ダンスミュアが妻のために建てた石造りの城です。
39部屋数もあり、当時の様子を再現しょうとする努力がされています。
館内はとても美しく、ステンドグラスの美しさには溜息が出ます。
また5階建てで眺望がすばらしいです。
ダウンタウンから、40分と結構歩きますが、途中にアンティークの店が並ぶ通りがあり、散歩気分で楽しみながら行けます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

飛行機とは:カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバ...

カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはビクトリアです。
ビクトリアはバンクーバーからバス&フェリーで行くか、飛行機で行くかになります。
飛行機で行くとおよそ25分で到着します。
バス&フェリーで行くとおよそ3時間30分ほどかかります。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、もちろん見所もたくさんある。
まずはスタンレーパークに行ってみて下さい。
海岸線に沿って遊歩道があり、水族館や動物園など、様々な見所がある。
トーテムポールがあったり、馬車ツアーもある。
ゆっくり公園で散歩もいいでしょう。
公園を歩いて一周するには広いので、右に突き出た部分を歩けば十分です。
日差しが強いときが多いのでサングラスをもって行くと良いかもしれません。


ビクトリアに行くためにはバス&フェリーで行くか、飛行機で行くかになるのですが、オススメはやっぱりバス&フェリーです。
意外とフェリーの中は快適ですし、中では食事ができるスペースもある。
バンクーバーからバスを使ってフェリー乗り場に行き、ビクトリアに着いたら、やはりバスを使って市内に入る方法が一番安くすみます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

カナダプレイスでショッピングを楽しむのは...

カナダプレイスでショッピングを楽しむのは、歩いてすぐのガスタウンやチャイナタウンを利用できちゃいます。
ただここでは、ノースバンクーバーの景色を楽しむほうがいいでしょう。
運が良いと世界を旅する船の寄港地なので巨大な船を見ることが出来ます。
7月1日のカナダデイ(建国記念日)やクリスマスにイベントがありえます。


バンフの見所の2つめはアッパー・ホット・スプリングスです。
実はこれは温泉なんです。
ただそこまで熱くはなく、日本でいえば温水プールのようなものです。
サルファー・マウンテンのゴンドラ乗り場近くにありえます。
水着着用で入ることが出来ます。
入った後はカフェなどのくつろげるスペースがありえます。
アロママッサージが付いたメニューも人気です。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはノースバンクーバーです。
ノースバンクーバーバンクーバーのウォーターフロント駅から水上バス(わずか12分)で行きます。
水上バスが着いたところには、ショッピングモールがあり、改札口を出てすぐのバスに乗り込んでグラウスマウンテンや、 キャピラノ橋など自然の中を楽しむ公園へ行くことが出来ます。


バンフでは様々なアウトドアのアトラクションが用意されています。
乗馬やカヌー、ラフティング、釣りやサイクリングツアー&レンタルなどがありえます。
ただバンフでアトラクションを楽しみたいのなら乗馬がオススメです。
1時間?3時間コースがあり、2時間が一番のお薦めです。
サルファー・マウンテンの中を回って帰ってくるコースです。


ノースバンクーバーの見所は他にもいくつかありえます。
是非行ってみてほしいところはキャピラノ・ブリッジです。
深い渓谷にかけられた吊り橋で、全長137m、高さ70mもありえます。
キャピラノ・ブリッジは結構揺れます。
ただ渡った先の公園に、散策の小道があり楽しめますので、頑張って歩きましょう。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

ビギナーについて:カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバ...

カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはグランビル・アイランドです。
それほど大きなところではありませんが、様々なお店や食堂などがあり1日いても決してあきることはありません。
バンクーバーに来たらお土産探しのついでに、一度は行ってほしいところです。


ビクトリアには様々な観光名所がありますが、BC州議事堂もそのうちの一つです。
BC州議事堂の中は見学をすることが出来ます。
とても美しいのでオススメです。
昼は威厳のある建物ですが、夜には電球が灯り、ファンタジーの世界を醸し出す建物に変わります。


グランビル・アイランドは楽しくショッピングができる場所です。
食事やショッピングにはとても重宝する場所です。
小さいお店が集まっていて、小物や民芸品など、思わず人より自分へのおみやげ用に買いたくなるものが多いです。
様々なお店が入っています。
レストランや屋台村のような感じの場所もあり、ウィンドウショッピングも楽しいです。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはビクトリアにあるブッチャート・ガーデンです。
ブッチャート・ガーデンは素晴らしい!!の一言に尽きます。
ブッチャート・ガーデン内で咲き誇る花々に圧倒されるでしょう。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

バスを考える:ビクトリアに行くためにはバス&フェリーで...

ビクトリアに行くためにはバス&フェリーで行くか、飛行機で行くかになるのですが、オススメはやっぱりバス&フェリーです。
意外とフェリーの中は快適ですし、中では食事ができるスペースもあるよ。
バンクーバーからバスを使ってフェリー乗り場に行き、ビクトリアに着いたら、やはりバスを使って市内に入る方法が一番安くすみます。


スタンレーパークはベンチが、随所に設置されているので、疲れたら休みながら回れます。
シーズン中、無料シャトルバスが園内を回っています。
これで、公園を1周できるので、乗ってみるといいでしょう。
自転車やローラーブレードで1周することができるよ。
この両者は一方通行ですのでご注意ください。
公園内にはレンタルバイク屋さんはありません。


カナダ旅行に行く多くの人達にとって、ビクトリアはとても人気のスポットです。
観光名所は全て歩いて回れます。
バスを使うのはブッチャート・ガーデンくらいです。
小さい町ですが、出来ることならのんびり過ごせるよう長く滞在することをお薦めします。
街の中はショッピングを楽しむことが出来ます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒      





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

カナダプレイスでショッピングを楽しむのは...

カナダプレイスでショッピングを楽しむのは、歩いてすぐのガスタウンやチャイナタウンを利用できちゃいます。
ただここでは、ノースバンクーバーの景色を楽しむほうがいいでしょう。
運が良いと世界を旅する船の寄港地なので巨大な船を見ることが出来ます。
7月1日のカナダデイ(建国記念日)やクリスマスにイベントがありえます。


カナダ旅行で人気のバンフですが、見所はたくさんありえます。
まずはサルファー・マウンテンです。
街中から唯一、観光バスに参加しなくても自力でいける観光名所となります。
ゴンドラに乗ってサルファー・マウンテンの頂上へ行くことができ、バンフを取り囲むロッキー山脈を見ることができちゃいます。
バンフがどれほど小さい町であるか実感します。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはノースバンクーバーです。
ノースバンクーバーはバンクーバーのウォーターフロント駅から水上バス(わずか12分)で行きます。
水上バスが着いたところには、ショッピングモールがあり、改札口を出てすぐのバスに乗り込んでグラウスマウンテンや、 キャピラノ橋など自然の中を楽しむ公園へ行くことが出来ます。


バンフでは様々なアウトドアのアトラクションが用意されています。
乗馬やカヌー、ラフティング、釣りやサイクリングツアー&レンタルなどがありえます。
ただバンフでアトラクションを楽しみたいのなら乗馬がオススメです。
1時間?3時間コースがあり、2時間が一番のお薦めです。
サルファー・マウンテンの中を回って帰ってくるコースです。


ノースバンクーバーにはいくつかの観光名所がありますが、その中で天気が良いときに行ってほしいところがありえます。
それは、グラウスマウンテンです。
上からバンクーバー島の全容が見えます。
スカイライドというロープウェイに乗って上へ行くことが出来ます。
また頂上にはチェアリフトに乗って頂上へ行けます。
グラウスマウンテンにはレストランもあり、景色を楽しみながら昼食を食べると良いと思います。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

ビクトリア情報:カナダ旅行に行く多くの人達にとって、ビク...

カナダ旅行に行く多くの人達にとって、ビクトリアはとても人気のスポットです。
観光名所は全て歩いて回れます。
バスを使うのはブッチャート・ガーデンくらいです。
小さい町ですが、出来ることならのんびり過ごせるよう長く滞在することをお薦めします。
街の中はショッピングを楽しむことが出来ます。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはグランビル・アイランドです。
それほど大きなところではありませんが、様々なお店や食堂などがあり1日いても決してあきることはありません。
バンクーバーに来たらお土産探しのついでに、一度は行ってほしいところです。


ビクトリアには様々な観光名所がありますが、BC州議事堂もそのうちの一つです。
BC州議事堂の中は見学をすることが出来ます。
とても美しいのでオススメです。
昼は威厳のある建物ですが、夜には電球が灯り、ファンタジーの世界を醸し出す建物に変わります。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

カナダ旅行では大自然を楽しむこともできま...

カナダ旅行では大自然を楽しむこともできちゃいます。
カナダ旅行で大自然を楽しむとしたらオススメは、バンフでしょう。
バンフは、世界遺産になっているカナディアン・ロッキー山脈国立公園内にある小さな町です。
氷河が溶け出して作られた美しい色の湖や、つらなる山脈の偉大な姿、その中で生きている動植物など様々な大自然を堪能することができちゃいます。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはガスタウンです。
バンクーバーの発祥の地といわれています。
お土産や、可愛い小物のお店が並んでいます。
地元の人が「お金をつぎ込む場所」と言うほど観光客が好みそうな物が沢山売ってます。
お土産はここで全て揃うでしょう。


バンフへはカルガリー空港からバスで向かいます。
日本からカルガリー空港までの直行便はありません。
一度バンクーバーあたりで経由し、カルガリー空港には、カナダの国内線で向かいます。
カルガリー空港からはバスで向かいます。
1時間おきに行くバスもあるようです。
すぐにデスクを見つけられるのはブリュースターです。
自分のスケジュールに合う会社や値段を見比べましょう。
大体はホテルまで連れて行ってくれます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

バスとは:カナダ旅行でオススメのバンフですが、バン...

カナダ旅行でオススメのバンフですが、バンフの中はショッピングエリアになっており、日本語が通じると思わせるほど日本語が飛び交っています。
バンフ国立公園の中は、サルファーマウンテン以外は観光ツアーに参加、又はレンタカーが必要となります。
ボー川沿いにはサイクリングや、乗馬、カヌーなどアウトドアのアトラクションがある。


ガスタウンはそれほど広い場所ではありませんが、ショップがたくさん並んでいますので、見ているだけでも楽しいです。
またがすタウンには「蒸気時計」がある。
15分毎に鳴るらしいです。
またジャズなどのイベントもおこなわれることがありますので、チェックしていくといいでしょう。


バンフへはカルガリー空港からバスで向かいます。
日本からカルガリー空港までの直行便はありません。
一度バンクーバーあたりで経由し、カルガリー空港には、カナダの国内線で向かいます。
カルガリー空港からはバスで向かいます。
1時間おきに行くバスもあるようです。
すぐにデスクを見つけられるのはブリュースターです。
自分のスケジュールに合う会社や値段を見比べましょう。
大体はホテルまで連れて行ってくれます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

アトラクションとは:カナダプレイスにあるアイマックスシアター...

カナダプレイスにあるアイマックスシアターは結構おすすめです。
5階建てぐらいの大きな画面に映し出される世界は素晴らしいのひと言です。
テーマに興味があれば見に行くべきでしょう。
テーマとしては大自然を扱ったものが多いです。
人も少ないのでのんびりするのも良いでしょう。
英語は分からなくても映像だけでかなり楽しめます。
バンクーバーにあるチャイナタウンは世界2位の規模をもっています。
中華料理店はかなりの種類がある。
ただ注意してほしいのは、日没後1人で行かないことです。
チャイナタウンは、治安が良いとされているバンクーバーのなかでも治安が悪いことで有名です。


バンフでは様々なアウトドアのアトラクションが用意されています。
乗馬やカヌー、ラフティング、釣りやサイクリングツアー&レンタルなどがある。
ただバンフでアトラクションを楽しみたいのなら乗馬がオススメです。
1時間?3時間コースがあり、2時間が一番のお薦めです。
サルファー・マウンテンの中を回って帰ってくるコースです。


ノースバンクーバーにはいくつかの観光名所がありますが、その中で天気が良いときに行ってほしいところがある。
それは、グラウスマウンテンです。
上からバンクーバー島の全容が見えます。
スカイライドというロープウェイに乗って上へ行くことが出来ます。
また頂上にはチェアリフトに乗って頂上へ行けます。
グラウスマウンテンにはレストランもあり、景色を楽しみながら昼食を食べると良いと思います。


バンフではショッピングを楽しむことが出来ます。
ウィンドウショッピングは遅くなっても出来ます。
メインストリートは1本しかなく、迷うことはありません。
いろいろなお店があるのでゆっくり見てみるのも良いでしょう。


ノースバンクーバーの見所は他にもいくつかある。
是非行ってみてほしいところはキャピラノ・ブリッジです。
深い渓谷にかけられた吊り橋で、全長137m、高さ70mもある。
キャピラノ・ブリッジは結構揺れます。
ただ渡った先の公園に、散策の小道があり楽しめますので、頑張って歩きましょう。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

カナダプレイスでショッピングを楽しむのは...

カナダプレイスでショッピングを楽しむのは、歩いてすぐのガスタウンやチャイナタウンを利用できちゃいます。
ただここでは、ノースバンクーバーの景色を楽しむほうがいいでしょう。
運が良いと世界を旅する船の寄港地なので巨大な船を見ることが出来ます。
7月1日のカナダデイ(建国記念日)やクリスマスにイベントがありえます。


カナダ旅行で人気のバンフですが、見所はたくさんありえます。
まずはサルファー・マウンテンです。
街中から唯一、観光バスに参加しなくても自力でいける観光名所となります。
ゴンドラに乗ってサルファー・マウンテンの頂上へ行くことができ、バンフを取り囲むロッキー山脈を見ることができちゃいます。
バンフがどれほど小さい町であるか実感します。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはノースバンクーバーです。
ノースバンクーバーはバンクーバーのウォーターフロント駅から水上バス(わずか12分)で行きます。
水上バスが着いたところには、ショッピングモールがあり、改札口を出てすぐのバスに乗り込んでグラウスマウンテンや、 キャピラノ橋など自然の中を楽しむ公園へ行くことが出来ます。


バンフでは様々なアウトドアのアトラクションが用意されています。
乗馬やカヌー、ラフティング、釣りやサイクリングツアー&レンタルなどがありえます。
ただバンフでアトラクションを楽しみたいのなら乗馬がオススメです。
1時間?3時間コースがあり、2時間が一番のお薦めです。
サルファー・マウンテンの中を回って帰ってくるコースです。


ノースバンクーバーにはいくつかの観光名所がありますが、その中で天気が良いときに行ってほしいところがありえます。
それは、グラウスマウンテンです。
上からバンクーバー島の全容が見えます。
スカイライドというロープウェイに乗って上へ行くことが出来ます。
また頂上にはチェアリフトに乗って頂上へ行けます。
グラウスマウンテンにはレストランもあり、景色を楽しみながら昼食を食べると良いと思います。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -

■広告■

船情報:カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバ...

カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはガスタウンです。
バンクーバーの発祥の地といわれています。
お土産や、可愛い小物のお店が並んでいます。
地元の人が「お金をつぎ込む場所」と言うほど観光客が好みそうな物が沢山売ってます。
お土産はここで全て揃うでしょう。


カナダ旅行でオススメのバンフですが、バンフの中はショッピングエリアになっており、日本語が通じると思わせるほど日本語が飛び交っています。
バンフ国立公園の中は、サルファーマウンテン以外は観光ツアーに参加、又はレンタカーが必要となります。
ボー川沿いにはサイクリングや、乗馬、カヌーなどアウトドアのアトラクションがありえます。


カナダ旅行ビギナーには最適な地域であるバンクーバーですが、次の見所ポイントはカナダプレイスです。
カナダプレイスには、国際展示場やクルーズ船の船着場がありえます。
ここでは素晴らしい景色が楽しめます。
建物も帆船のようでとてもきれいです。
大きな豪華客船が停泊している姿が見れる場合もありえます。
また大きい画面で映像が見れるアイマックス・シアターがありえます。
結構楽しかったです。


バンフの中は全て歩けます。
町から離れたホテルの巡回バスがたまに走っています。
バンフから離れた観光名所は、観光バス、車での移動になります。
バンフからレイクルイーズやジャスパーに向かうには、観光バスに乗って行くことになります。
必ずホテル等に時刻表などあるはずですので 確認ください。
また、大きなホテルの前をバスが通ってくれますので、ホテルで移動手段を聞いてください。


カナダプレイスでショッピングを楽しむのは、歩いてすぐのガスタウンやチャイナタウンを利用できちゃいます。
ただここでは、ノースバンクーバーの景色を楽しむほうがいいでしょう。
運が良いと世界を旅する船の寄港地なので巨大な船を見ることが出来ます。
7月1日のカナダデイ(建国記念日)やクリスマスにイベントがありえます。






カナダ旅行情報です。^^+)⇒          





カナダ留学・旅行情報
↓↓↓↓↓↓↓↓
カナダ留学・旅行情報ランキングへ
この記事のURL カナダ旅行に行く前に! コメント : - トラックバック : -
プロフィール

佐藤あいこ

Author:佐藤あいこ
カナダ留学やカナダ旅行に行く前に知っておきたい情報をご紹介してます!是非大自然豊かなカナダ旅行にお役立てくださいね!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。